貧しくても豊かになりたい

低所得主婦 投資で豊かな生活を目指します

↓にスクロールすると記事を読むことが出来ます↓

 

 家計

f:id:YU-RI-A:20201029104603p:plain

■ セミリタイアのメリット

■ スクロールのマネーセミナーに行ってみた しつこい勧誘無しでとても勉強になってオススメ

■ 貯金があるメリット

■ 老後に一括で家を買う理由

■ 賃貸でもお金は貯まります

■ 教育費の貯め方

■ 低所得共働き会社員の年金受給額

■ 年収250万円の家計簿

投資

f:id:YU-RI-A:20201029105134p:plain

■ 毎月の積立貯蓄の内訳を公開 雪だるま式で増やします

■ 給与所得以外の収入

■ 企業型確定拠出年金の運用方法は難しそうで実はシンプル

■ 米国高配当ETFで毎年永遠にお小遣いを受け取ります

■ 実際投資しています!米国ETFでオススメの4銘柄

■ 投資信託は絶対シンプルイズベスト

■ 円預金は実質毎年目減りしているのはご存知ですか?

■ 本当は教えたくない!!ソニー生命変額年金保険はガチでおすすめ!!老後資金2000万円も余裕です!!

 

家庭学習

f:id:YU-RI-A:20201029105443p:plain

■ 小学生入学前の学習が非常に大切

■ 安易に中学受験すべきではない 中学受験すべき条件

■ 我が家は公立フルコース 公立中学のメリット

■ オンライン英会話はコスパ最高

■ 学習机の置き場所はリビング

■ 塾無しでトップクラスの成績を維持!通信教育の紹介

■ 通信教育を続けるのは親次第 続けるコツ公開

■ 小学生のうちから英検の学習に取り組む理由

 

節約

f:id:YU-RI-A:20201029105650p:plain

■ 世帯年収低め家庭のふるさと納税

■ お金をかけずにキレイになりたい! おうちエステ

■ 手作りスキンケアで化粧品を大幅に節約しています

■ ポイ活は知っている人だけが得する楽に出来るプチ稼ぎ

 

資産公開⇒2021年2月資産公開 国内株式を沢山売却しました

 

 

 

※当ブログはリンクフリーですが無断転載は禁止です。

↓GoogleAdSence入れさせて頂いています↓

■ Google AdSense審査通過までの長い道のり 無料はてなブログでも審査通りました

 

教育費の貯め方

 

教育費はどれぐらいかかる?

 

人生の3大支出は「住宅費」「老後生活費」「教育費」です。

どれも非常に大切です。

その中でも先が読めず難しいのは「教育費」ではないでしょうか。

 

子どもの教育費はオール公立で約1000万円、オール私立で約2000万円と言われています。

 

オール公立で安く済ませたい!と思う方も多いかと思いますが、公立高校が不合格になれば基本的に私立高校へ進まなくてはならないですし、国公立の大学は難易度が高い所が多いです。

 

その中でも大学費用が圧倒的に高く私立文系で約400万円、私立理系で約600万円かかるそうで学費はどんどん上昇しているようです。

 

子どもの学費は基本的に年齢と共に上がっていきます。

 昭和時代とは違いお給料は右肩上がりになる保証はありません。

 なので、予め学費は用意しておくのが望ましいです。

 今回は教育費の貯め方について紹介させて頂きます。

 

f:id:YU-RI-A:20200307222556p:plain



教育費の貯め方

 

  • 大学費用を貯めておく

高校までの費用を月々の生活費から捻出しながら、大学進学まで貯めておく方法は一番多いのではないでしょうか。

 

大学入学までの18年間で400~600万円必要になりますので、1年間1人あたり22~33万円貯める事になります。

 

ボーナスがしっかりと貰える家庭でしたらボーナスから捻出しても良いですし、児童手当を使わずに貯めると合計約200万円になりますのでかなりの足しになります

 

 

 個人的な意見で恐縮ですが基本的に奨学金を子どもの背負わせるのはNGだと思っています。

 

就職氷河期に当たってしまって就職出来ない場合もありますし、破産等あり内定が突然取り消しになる可能性もありますよね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「奨学金」地獄 (小学館新書)[本/雑誌] / 岩重佳治/著
価格:858円(税込、送料別) (2020/3/7時点)


 

 

社会人スタートと共に何百万円もの借金を抱えるのは非常に負担。

 

ですが、一旦奨学金を借りて親御さんが返済する方法もあります。

 

子どもが社会人になれば子どもの学費がかからないので、大学入学後以降に老後資金の準備がしっかりと出来る事と奨学金返済可能の見込みがあればアリだと思います。

 

中には成績優秀者であれば返済不要の奨学金もありますし、学費免除の制度もあります。

 

私の知人は成績トップで入学した特待生でしたので1~3年生は学費無料、4年生のみ学費を払っていました。

 

  • 配当金から学費捻出

 貯金がしっかりと出来ている家庭限定ですが、配当金の高い株はだいたい年間で3~5%程度貰えます。

 

1000万円で30~50万円

2000万円で60~100万円

3000万円で90~150万円

 

この配当金を大学費用に充てれば、中学・高校の学費程度の捻出だけで済ませる事が出来ます。

 

 

 

最後に我が家のケース

 

我が家は合計750万円の大学費用を既に用意しています。

 

養老保険 100万円

既に支払い済で支払った金額は81万円程。受け取り時に100万円になります。

 

②児童手当 200万円

手を付けずに貯めています。

 

③米ドル一括保険 250万円

250万円を一括で契約。

受取時に同じ為替レートであれば280万円になっていますが、悪ければそのまま保有します。

 

④米ドル定期預金 50万円

為替レートが良いときに円にします。

目標は55万円程。

 

⑤お祝い等の残り 150万円

出産祝いや入学祝等のお金。

ほとんど手を付けていないので、このぐらいにはなります。

 

-------------------------

 

合計750万円

 

 

我が家は収入が右肩上がりの保証が無い家庭の上、退職金も無いので早々貯めておきました。

 

急に用意するのはとても難しい家庭が多いかと思います。

 

是非、早めに準備しておきたいものですね。

 

f:id:YU-RI-A:20200301222633p:plain