貧しくても豊かになりたい

低所得主婦 投資で豊かな生活を目指します

↓にスクロールすると記事を読むことが出来ます↓

 

 家計

f:id:YU-RI-A:20201029104603p:plain

■ セミリタイアのメリット

■ スクロールのマネーセミナーに行ってみた しつこい勧誘無しでとても勉強になってオススメ

■ 貯金があるメリット

■ 老後に一括で家を買う理由

■ 賃貸でもお金は貯まります

■ 教育費の貯め方

■ 低所得共働き会社員の年金受給額

■ 年収250万円の家計簿

投資

f:id:YU-RI-A:20201029105134p:plain

■ 毎月の積立貯蓄の内訳を公開 雪だるま式で増やします

■ 給与所得以外の収入

■ 企業型確定拠出年金の運用方法は難しそうで実はシンプル

■ 米国高配当ETFで毎年永遠にお小遣いを受け取ります

■ 実際投資しています!米国ETFでオススメの4銘柄

■ 投資信託は絶対シンプルイズベスト

■ 円預金は実質毎年目減りしているのはご存知ですか?

■ 本当は教えたくない!!ソニー生命変額年金保険はガチでおすすめ!!老後資金2000万円も余裕です!!

 

家庭学習

f:id:YU-RI-A:20201029105443p:plain

■ 小学生入学前の学習が非常に大切

■ 安易に中学受験すべきではない 中学受験すべき条件

■ 我が家は公立フルコース 公立中学のメリット

■ オンライン英会話はコスパ最高

■ 学習机の置き場所はリビング

■ 塾無しでトップクラスの成績を維持!通信教育の紹介

■ 通信教育を続けるのは親次第 続けるコツ公開

■ 小学生のうちから英検の学習に取り組む理由

 

節約

f:id:YU-RI-A:20201029105650p:plain

■ 世帯年収低め家庭のふるさと納税

■ お金をかけずにキレイになりたい! おうちエステ

■ 手作りスキンケアで化粧品を大幅に節約しています

■ ポイ活は知っている人だけが得する楽に出来るプチ稼ぎ

 

資産公開⇒2021年2月資産公開 国内株式を沢山売却しました

 

 

 

※当ブログはリンクフリーですが無断転載は禁止です。

↓GoogleAdSence入れさせて頂いています↓

■ Google AdSense審査通過までの長い道のり 無料はてなブログでも審査通りました

 

低所得共働き会社員の年金受給額

年金はいくら貰えるのか

老後2000万円問題が少し前にニュースになっていましたね。

 

年金がいくら貰えるかご存知でしょうか?

 

ねんきん定期便を参照するといいと言われますが、失業等でずっと年金が納められるかわからないですし参考になるのは受け取る間近にならないと予想するのは非常に難しいのです。

 

自営業などの国民年金のみの方は約月65000円

会社員などの厚生年金の方は平均月145000円

 

夫婦ずっとバリバリ共働きで厚生年金を納めてきた場合は夫婦あわせて30万円近い受給になりますが、夫婦ともにフリーランスや自営業だと13万円なのでかなりの差になります。

 

f:id:YU-RI-A:20200318221734p:plain

 

所得低め共働き夫婦の年金受給額

私が愛用している確定拠出年金のサイトのライフプランシミュレーションで算出される我が家の年金受給額は下記の通りです。

 

夫:月125000円

私:月100000円

 

夫婦共に厚生年金ですが所得が少ないので、平均よりかなり少ないです。

 

それでも、夫婦合わせて225000円貰えるであれば有難い限り。

受給が先延ばしになったり、減額されるかもしれませんが。

 

夫婦共に退職金が無いので、大切な老後資金となっています。

 

f:id:YU-RI-A:20200318222835p:plain

 

我が家の年金は他にもあるのです

老後に贅沢したいとは思っていませんが、子どもに迷惑をかけたくないと思っています。

 

子どもに心配かけるような爪に火を点す貧しい生活をしないのはもちろんですが、介護等も極力お金で解決させたいです。

 

その為、年金は他にも受給出来るように用意しています。

 

①企業型確定拠出年金(夫)

②企業型確定拠出年金(妻)

③変額年金保険(妻)

 

私の勤務先も夫の勤務先も確定拠出年金を導入しており、上乗せして積立可能なので満額で上乗せして運用しています。

 

積立額は全額所得控除になるので、節税目当てではありますが、長期積立によりそこそこの受給額になる予想。

 

変額年金保険も運用している商品でリスクはありますが、長期運用でかなり増える見込みです。

 

その結果、私たちの受け取り額は下記の通り。

 

厚生年金:225000円

確定拠出年金(夫):10000円

確定拠出年金(妻):50000円

③変額年金保険:100000円

 

なんと合計385000円になります。

 

①②③もちろん一生受け取れるわけではないのですが、80~95歳あたりまでは受け取れる見込みなので問題無いのです。

 

準備をしっかりとしているので、退職金が無くても大丈夫。

 

まずは年金だけで生活できるか検討してみてはいかがでしょうか。

 

 年金受給が近い方にはオススメです↓

 

お金の相談をプロにするとわかりやすく説明して頂けます↓

 

ブログランキング・にほんブログ村へ