貧しくても豊かになりたい

低所得主婦 投資で豊かな生活を目指します

↓にスクロールすると記事を読むことが出来ます↓

 

 家計

f:id:YU-RI-A:20201029104603p:plain

■ セミリタイアのメリット

■ スクロールのマネーセミナーに行ってみた しつこい勧誘無しでとても勉強になってオススメ

■ 貯金があるメリット

■ 老後に一括で家を買う理由

■ 賃貸でもお金は貯まります

■ 教育費の貯め方

■ 低所得共働き会社員の年金受給額

■ 年収250万円の家計簿

投資

f:id:YU-RI-A:20201029105134p:plain

■ 毎月の積立貯蓄の内訳を公開 雪だるま式で増やします

■ 給与所得以外の収入

■ 企業型確定拠出年金の運用方法は難しそうで実はシンプル

■ 米国高配当ETFで毎年永遠にお小遣いを受け取ります

■ 実際投資しています!米国ETFでオススメの4銘柄

■ 投資信託は絶対シンプルイズベスト

■ 円預金は実質毎年目減りしているのはご存知ですか?

■ 本当は教えたくない!!ソニー生命変額年金保険はガチでおすすめ!!老後資金2000万円も余裕です!!

 

家庭学習

f:id:YU-RI-A:20201029105443p:plain

■ 小学生入学前の学習が非常に大切

■ 安易に中学受験すべきではない 中学受験すべき条件

■ 我が家は公立フルコース 公立中学のメリット

■ オンライン英会話はコスパ最高

■ 学習机の置き場所はリビング

■ 塾無しでトップクラスの成績を維持!通信教育の紹介

■ 通信教育を続けるのは親次第 続けるコツ公開

■ 小学生のうちから英検の学習に取り組む理由

 

節約

f:id:YU-RI-A:20201029105650p:plain

■ 世帯年収低め家庭のふるさと納税

■ お金をかけずにキレイになりたい! おうちエステ

■ 手作りスキンケアで化粧品を大幅に節約しています

■ ポイ活は知っている人だけが得する楽に出来るプチ稼ぎ

 

資産公開⇒2021年2月資産公開 国内株式を沢山売却しました

 

 

 

※当ブログはリンクフリーですが無断転載は禁止です。

↓GoogleAdSence入れさせて頂いています↓

■ Google AdSense審査通過までの長い道のり 無料はてなブログでも審査通りました

 

人生の三大支出 一番大事なのは?

 

人生の三大支出とは?

f:id:YU-RI-A:20201031161225j:plain

人生の三大支出、ご存知でしょうか?

 

これは家庭を持っている方に該当しているようです。

 

教育費

住宅費

老後費用

 

子どもの数だけ教育費は必ずかかってきます。

 

同居とかではない限り、住宅の費用もかかります。

 

そして、最終的に老後の費用もかかってきますよね。

 

この3つ全て大事ですが、その中でも何が一番大事ですか?

 

9月に受講したマネーセミナーでは老後費用だと教わりました。

 


でも、誰がなんと言おうと私にとって一番大事なのは教育費です!

 

私が信頼しているファイナンシャルプランナーさん曰く、老後費用も教育費もとても大事で残ったお金で住宅費との事でした。

 

今回は人生の三大支出について書きたいと思います。

 

 

 

老後資金が大事な理由

年金が足りなくなるとか年金不払いの問題等、昨今では年金に関するニュースをよく目にします。

 

年金は基本的に老後の生活費全てを賄うのではなく、生活費を補うものになります。

 

なので、現役世代からきちんと老後資金を準備する必要があります。

 

会社員や公務員でそれなりの収入がある共働きの家庭であれば、年金だけで十分生活出来る可能性が高いのですが、ほとんどの家庭では年金だけでゆとりのある生活をするのが難しいでしょう。

 

また、いざ足りないとなってももう労働で収入を増やすことは難しいのが老後資金の難しいところ。

 

退職金や年金がどうなっているかきちんと把握して、逆算で準備する必要があります。

 

ちなみに会社員共働きの我が家も、年金だけでは足りません。

 


厚生年金とは別に確定拠出年金と年金保険で老後資金を準備しています。

 



 

 

教育費も大事な理由

教育費が大事な理由は私が身をもって経験しているので、個人的な話になってしまいますが体験談をお話させて頂きます。

 

私は中流家庭で、父は大卒で技術職、母は高卒でパートタイマーの典型的なサラリーマン家庭で育ちました。

 

親の学歴の価値観のまま育てられ、「女は結婚したら家庭に入るだけだから、勉強しても無駄、女には学がいらない」とずっと言われ続けていました。

 

そんな価値観のまま育てられていたけれど、成績は抜群だったので地元の進学校に合格したのですが、「どうせ大学に進学させないんだからバイトして生活費を稼いで」と言われ、部活も出来ないほどのバイト漬けの生活をしていました。

 

進学校でバイト漬けの生徒は皆無。

もちろん成績は学年ビリでした。

 

進学校だからか時代のせいかわかりませんが、高卒だと就職先が無いので親が勝手に決めた専門学校に奨学金で進学して、社会人になって給料のほとんどを返済に充て数年で返済しました。

 

ちなみに弟がいるのですが、中堅の公立高校で大学受験専念の為バイトは一切無し。

 

勉強嫌いだしやる気も無かったので行ける大学が無く、結局専門学校を親が学費を出して卒業しました。

 

弟は怠け者で、私は苦労人ですが、世間の目はどちらも同じ専門卒扱いです。

 

社会に出てからパソコン等色々勉強して、今は大手企業でオフィスワークをしていますが、その会社に入る前は散々専門卒である事を馬鹿にされ続けてきました。

 

大学に行くことが全てではありませんし、私もポンコツ(笑)なので大学受験出来る環境でもしっかりやり抜けらればかったかもしれません。

 

子どもの頑張る機会を経済的な理由で妨げる事だけはしてほしくないと私は思います。

 

頑張れる子にはしっかりと教育費をかけてあげるべきです!

 


 

 

 

住居費は最後の理由

私は現在大手企業に勤めていますが、知っている限り皆さん収入の割に質素な生活をしていて驚きました。

 

それまでに勤めていた中堅企業の人のほうがよっぽどいい家・いい車を持った生活をしているのです。

 

収入はおそらく倍ぐらいあるにも関わらずです。

 

特に大きな差をつけたのが住居費でした。

 

インテリア大好きや住宅関連の仕事をしている人を除けば、住居に必要以上にお金をかける人ってもしかしたら後先考えられない賢くない人なのかもしれません。

 

賃貸であれば、途中で引っ越してコストダウンする事が出来ますが、家庭を持った上で購入するとなかなか引っ越しするのが難しいです。

 

どんなにいい家に住んでも、35年ローンを払い終わったあとはボロボロです。

 

購入時の幸せはほんの一瞬かもしれません。

 

当初は良い環境でも35年後はスラム化するかもしれません。

 

いざとなったら売却したり、住み替えられるぐらい余裕を持った住宅購入が望ましいと思います。

 

ちなみに我が家は現在賃貸暮らしで、老後に住宅購入予定です。