貧しくても豊かになりたい

就職氷河期時代の低所得夫婦 資産を増やす生活

資産公開⇒2022年1月資産公開 引き続き3000万円超えを維持しています 

 

家計簿公開⇒共働き三人家族の家計簿公開 

 

 

無理して家を買わなくて良かったと思う理由

 

 

 

 

f:id:YU-RI-A:20210709222034j:plain



当時は住宅購入を考えていた

 

このサイトで私は、ずっと賃貸派だと豪語してきました。

 

実際に、現在賃貸住まいです。

 

でも、実は数年前は住宅購入を真剣に考えていてずっと物件探しをしていましたし、ファイナンシャルプランナーさんにいくらまでの物件なら問題なく買えるか相談までしていました。

(低所得なので、住宅購入価格のあまりに低い金額に撃沈したのは言うまでもありません)

 

当時はママ友がたくさんいて、すでに持ち家の人は自分の住まいに誇りを持っていたし、賃貸派はみんな家を買う事に躍起になっていたのです。

 

つまり私も流されてしまっていたのですね。

 

ママ友達の年収もざっくりとわかりますが(一部の超富裕層を除きみんな中堅企業の会社員なので・・・)、ファイナンシャルプランナーさんと相談した事と照らし合わせるとみんな無理して買っている事がわかりました。

 

返せる金額よりも銀行から借りられる上限ギリギリであろう金額です。

 

スー〇にある例がわかりやすいですね。

 

結局、買える値段では(低すぎて)住みたいと思える家はほとんどない事と、買える値段の家だと通わせたい小学校に通えなくなってしまう事を理由に賃貸を継続することになりました。

 

夫の会社の倒産による年収200万円ダウンもありますし、無理して買わなくて本当に良かったと思います。

 

もし、私があのママ友達のノリに合わせて買っていたらとんでもないことになっていたでしょう。

 

 

 

家を買ったから節約頑張ろうと決めても挫折する

 

YouTubeやネットで検索すると、住宅ローンを無理して買って破産するケースはたくさんあります。

 

■正社員共働きで高収入だったので高級マンションを購入→出産後時短勤務で妻の給料大幅減→コロナ禍など業績悪化により減収→なのに周りに合わせて無理して子どもを私立中学に通わせてしまう→住宅ローン払えなくなる

 

 

■無理してタワマン購入→うっかり専業主婦のグループに入ってしまい妻が働いている=夫の稼ぎが悪く生活が苦しいと思われたくなくて働きに行けない→周りと合わせて高級車を無理して買ってしまったり家計が厳しいのに子どもに習い事をたくさんさせたり、私立中学に通わせてしまう→住宅ローン払えなくなる

 

 

■貯金ないけど頭金なしのフルローンで住宅購入→失業やリストラで住宅ローンが払えなくなる→ローン残高より家の価格が低くなってしまい売るにも売れなくなる

 

 

私も、周りと同じ・・・またはそれ以上に立派な家を購入してしまったら、同じ運命だったかもしれません。

 

ちょっと無理して買っても節約頑張れば繰り上げ返済できると思っても、ちょっと無理して買った物件の住民の生活レベルに合わせていたら繰り上げ返済どころか赤字家計になってしまいます。

 

 

 

住宅購入の頭金に行方

 

賃貸物件も背伸びせずリーズナブルな物件に住んでいる為、老後の住居費も問題なく捻出出来ます。

 

住宅購入資金の為に一生懸命貯めたお金は余裕資金として投資に回しているので、利益や配当金で旅行に行ったり、ちょっと高いレストランに行ったりして豊かに過ごせています。

 

もし、無理な住宅購入していたらローンの残債が気になって旅行なんて行けなかったかもしれません。

 

私の周りの持ち家の方も親同伴(つまり金銭面が親負担)でしか旅行に行っていない家庭や子ども習い事を負担して貰っている家庭もかなりいるので、金銭的に余裕がないのかな?と思われます。

 

もちろん、立派な家でちゃんとしている家庭もたくさんありますし、本当にところはわかりません。

 

ただ言えることは、終身雇用崩壊しつつありますし、給料は右肩上がりの時代ではありません。

 

住宅購入はリスクであることも念頭に考える必要はあります。

 

 

 

▼成績上位キープ中の我が子が受講している通信教育です。

よかったら試してみて下さい。

 

▼オススメのマネーセミナーです。

昨年に実際参加しましたが、目から鱗でとても参考になりました。

オンラインマネーセミナーも追加されました!お忙しい方やコロナ禍で迷っていた方は是非!!

会場参加の方にはスイーツのお土産が出るようになりました!!

 

 


 

▼読んでいただき有難うございます。クリックして頂けますと幸いです。 

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
にほんブログ村

 
女性投資家ランキング