貧しくても豊かになりたい

貧しくても豊かになりたい

低所得主婦 投資で豊かな生活を目指します

低所得世帯なのに毎年海外旅行に行く理由

 

 

 

f:id:YU-RI-A:20210704135332j:plain

 

世帯年収約700万円

 

YURIA家は決して所得が高いほうではありません。

 

首都圏在住で夫婦共働きですが、世帯年収はたったの700万円ほど。

 

ごく普通に周りに合わせて、ファミリー物件に住んだりファミリーカーを所有して、レジャーや外食を楽しんでいたら旅行に行くのは国内旅行に年1~2回が限界。

 

ですが、YURIA家はコロナ禍になる前は毎年海外旅行に行っていました。

 

低所得のYURIA家がそこまでして海外旅行に行きたい理由を書かせて頂きます。

 

 

 

仕事の活力になるから

 

世帯年収700万円(夫:400万円 妻:300万円)なので、仕事は楽なのかと言われればそうではありません。

 

就職氷河期の影響もあり、元々そんなに稼ぐ機会がなかった事もあり、フルタイムで時間を犠牲にしながらもそんなに稼げません。

 

睡眠時間4時間で激務だったのに年収300万円未満だった事もあります。

 

社会人のスタートから買いたたかれている世代なのです。

 

私がフルタイム勤務をやめたらさすがに海外旅行出来る身分ではありませんが、海外旅行は夫婦で仕事を頑張る活力になっていました。

 

家族で行く旅行は本当に楽しくて、それを目標に頑張れるし、旅行の後はまた行けるように頑張ろうと思えます。

 

 

 

海外の雰囲気が好き

 

夫も私も海外の雰囲気が大好き。

 

コロナ禍でリモート旅行のサービスもありますが、海外の独特の音や匂いが無いとどこか物足りない・・・そういう事もあり、現地でないとダメなのです。

 

そして、何より空港も飛行機も大好き。

 

いつもエコノミークラスだけど機内食も大好きなのです。

 

 

空港や飛行機の楽しみも含めての海外旅行が大好きなのです。

 

そして、現地ではその国の料理が一番合います。

 

海外旅行に行けないからと、国内で多国籍料理を食べてもテンション上がりません。

 

ちなみに私はコーラを含む炭酸飲料をほとんど飲まないのですが、なぜか国際線機内や海外旅行に行くと飲みたくなるのです。

 

 

 

子育てにも多少良い影響があると考えられています

 

子どもと海外旅行に行くべきとまでは思いませんが、わが子は今まで下記の国々へ行きました。

 

韓国

台湾

香港

マカオ

フィリピン(セブ島)

グアム

ロシア

 

子連れでも行きやすいところを中心にプランニングした事もあり、どこも良い思い出ばかり。

 

単なるレジャーですし、行った国も少ないのですが、いろいろな国がある事は十分にわかってもらえたかなと思います。

 

これ以外にも、図書館でガイドブックを借りて行ったことのない国々を紹介したりして、少しでも興味を持ってもらえるようにしてきました。

 

その事がきっかけかどうかはわかりませんが、わが子は小学生の中ではかなり英語が出来るほう。

 

ニュースを見ても海外にかなり興味を持っています。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

低所得でも海外旅行に行くべき!とは思いません。

 

我が家がイレギュラーであることは十分理解しています。

 

ただ、海外旅行費用は投資の利益から捻出しているので、仕事を頑張って投資に回すお金を確保しつつ投資も頑張ろうと思い日々を過ごしています。

 

アフターコロナで自由に海外旅行に行ける日が待ち遠しいです。

 

 

 

▼成績上位キープ中の我が子が受講している通信教育です。

夏休みにでもぜひお試し教材をよかったら試してみて下さい。

 

▼オススメのマネーセミナーです。

昨年に実際参加しましたが、目から鱗でとても参考になりました。

オンラインマネーセミナーも追加されました!お忙しい方やコロナ禍で迷っていた方は是非!!

 

 


 

▼読んでいただき有難うございます。クリックして頂けますと幸いです。 

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
にほんブログ村

 
女性投資家ランキング