貧しくても豊かになりたい

家庭の事情で低学歴で不自由に育った就職氷河期時代の低所得夫婦 好きな事や教育費にお金をかけつつ心を豊かにする生活を心がけています

 

 

資産公開⇒2023年1月資産公開 株価下落で心も冷え込んでいます

家計簿公開⇒世帯年収700万円3人家族の家計簿を公開 

資産を持つメリット⇒私が資産3000万円を超えて変わったこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚した時 私たちに貯金がほとんど無かった理由

 

f:id:YU-RI-A:20211116091718j:plain

 

結婚した時 私たちにはほとんどお金がありませんでした

 

【ゼクシィ結婚トレンド調査 2020】のデータによると、結婚費用のための夫婦の貯金総額の平均(全国(推計値))は、311.8万円。
 
お恥ずかしながらYURIA家は結婚当時ほとんど貯金がありませんでした。

 

30代で資産約3000万円まで増やしたにも関わらず、過去を振り返るとお金に苦労した結婚でした。

 

豪華な結婚式なんて挙げられるはずもなく、親族のみ同伴のとてもチープなチャペルで質素に挙式して、ささやかな食事会のみ。

 

結婚指輪は買いましたが、婚約指輪もなければ結納もありません。

 

でも、私たちは全く後悔していません。

 

今回は私たちが結婚した時点で貯金がほとんどなかった理由についてお話したいと思います。

 

 

 

 

夫からお金をむしり取る元妻家族

 

夫は2度目の結婚です。

 

元妻は、仕事を辞めたいという理由で夫は結婚させられました。

 

妻側(というかその両親)の希望により婚約指輪・結納あり。結婚式も超一流ホテルで豪華に挙式と披露宴。

 

具体的な事は書けませんが、暴力でも不倫でもないけれど夫から離婚を切り出した為、多額の慰謝料や生活費を請求されたそうです。

 

元妻はお金に汚い人ではないそうですが、元妻の両親が【女性は年齢的に再婚出来ないから】という理由で、多額の請求をしたのです。

 

一般的におかしい金額らしいのですが、とにかく離婚したかったので払ってしまったのです。

 

貯金からは到底払えず、ローンで一括返済。

 

夫の給料は妻が全て管理していた為、もしかしたらへそくりも別に持っていたかもしれません。

 

ローン返済中に私と知り合い、付き合って結婚に至ったわけです。

 

結婚すると、法律上では妻が子どものいない専業主婦で家事を手抜きでも夫の収入が実質夫半分・妻半分になるのですからおかしいですよね。

 

手抜きかどうかわかりませんが、夫は激務なので家でほとんど食事をとっていなかったそうです。

 

もちろん財産も半分ずつ分けないといけません。

 

しかも夫は激務で当時は高給取りだったのに・・・。

 

 

結婚してから涙を流しながら働きづめの後妻

 

貯金が無いのはマズイという危機感から、私は職場のパワハラにも耐えながら(=貯金ないから辛くても仕事辞められない)節約して必死で働いていました。

 

夫がほとんど家事をしない上、お金を散財していたので、家事はほとんど私で貯金が出来たのは間違えなく私のお陰です。

 

ちなみに私が貯金が無いのは、都心部ブラック企業で年収250万円未満にも関わらず都心部から通えるエリアに一人暮らしをしていたからです。

 

いくら頑張ってもわずかしか残りませんでした。

 

夫はローン返済しながらも、お給料が少なく貧しい思いをしている私に、美味しい物を沢山食べさせてくれました。

 

もちろんご馳走してくれるから好きになったわけではなく、人柄で結婚を決めましたよ(笑)。

 

ブラック企業に働きながらボロアパートで一人暮らしも辛かったし、貯金なし婚で外でも家でも働き続けていたのも大変でした。

 

夫の前職は激務なので、出産後もワンオペ育児とフルタイム勤務で本当に大変でした。

 

記憶が無いです・・・。

 

何度泣いた事か・・・。

 

最近になってやっと、少し家事を分担してくれるようになりましたが。

 

資産も約3000万円になり、あの時の苦労は決して無駄ではなかったと思いたいです。

 

 

専業主婦になりたがる女性は要注意

 

専業主婦希望の女性もかなり減少傾向だと思われますが、専業主婦になりたがる女性との結婚は要注意です。

 

私の知人でも、育児は近所の実家に丸投げ&実家でしょちゅう食事して最低限の家事しかしていない専業主婦なのに、夫の収入のうちの半分は自分の収入だと主張している傲慢な人がいます。

 

結婚した途端、専業主婦(主夫)が最低限家事をするだけでもう一方は生活費を全て負担しなくてはいけないのです。

 

婚姻中は良いのですが、たとえ専業主婦(主夫)側が悪くて離婚する場合離婚成立までの生活費まで負担しなくてはなりません。

 

明らかに時代錯誤の法律ですが、その制度のせいで、専業主婦と離婚した夫の自殺率は高いそうです。

 

実際、夫も離婚するのにあまりにも負担が大きすぎて死にたいと思っていたそうです・・・。

 

 

 

 

上記の本からすると、夫が私と結婚したことは儲かる結婚かしら(笑)??

 

損得勘定は考えず、平和な結婚生活を続けていきたいものです。

 

 

 

▼人生で一番おいしかったコーヒーです。

初めてのセットはお得なのでよかったら試してみて下さい。

 

▼成績上位キープ中の我が子が受講している通信教育です。

よかったら試してみて下さい。

 

▼オススメのマネーセミナーです。

昨年に実際参加しましたが、目から鱗でとても参考になりました。

オンラインマネーセミナーも追加されました!お忙しい方やコロナ禍で迷っていた方は是非!!

 

 


 

▼読んでいただき有難うございます。クリックして頂けますと幸いです。 

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
にほんブログ村

 
女性投資家ランキング